ラティッセ ラティッセ

アメリカ製ラティースまつげ育毛美容液の効果と副作用

ラティースは世界で初めて医薬品として認可されたアメリカ製のまつげ育毛剤です。
まつげ美容液の元祖とも言われています。

日本の厚労省でも認可を受け「グラッシュビスタ」という商品名で
皮膚科や眼科でも販売されるようになりました。

ラティースまつげ美容液

ラティース購入は、並行輸入の通販が一般的。

価格は約13,000円ほどでチョットお高めです。
しかし、ルミガン・ケアプロストより副作用が少なく安心して使えるまつげ美容液として、
密かに人気のある育毛剤です。

ラティースはケアプロストとルミガンとどう違いますか?

ラティースは本サイトの別ページのルミガン・ケアプロストの同じアラガン社(Allergan)で成分も同じ商品となります。

まつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップすると口コミで爆発的な人気になっているまつげ増毛医薬品です。

ラティースは眼科に行っても処方はしてくれないので、
美容整形で買うか、個人輸入や一部ネットショップなどでの購入となります。

しかし、目がかすんだり、充血したり、色素沈着、生えて欲しくない場所の産毛などの副作用もありますので
使用には細心の注意をしないといけません。

リスクがあるのにアラガン社(Allergan)の点眼薬をまつげの育毛剤として使う人が多いのは
やはりまつげ(睫毛毛)育毛美容液の効果が大きいからでしょう。。。

ラティースとラティッセ、この二つに違いはあるのでしょうか?

実は、呼び方が違うだけで、どちらもまったく同じものです。
ちなみにスペルは「Latisse」と書きます。

ラティースはアメリカのFDAに医薬品として認可を受けていますが、
使用には十分に注意をしてお使いください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事